Category: リノベーション

3月 26

上の音は無いほうがいい

今回ご紹介するのは『西の渋谷(?)』こと、町田のお部屋 『デュオ・スカーラ町田』・1LDKタイプです。

駅前の中央商店街を抜け、JR横浜線からだと徒歩6分・小田急線からだと徒歩11分の場所に立地しています。

平成16年の建物で、白を基調としたキレイな外観です。

エントランス もちろんオートロックです。

エレベーターを上がり、最上階の10階へ(内廊下です)。

上からの音に悩まされないっていいですよね♪

玄関扉を開け廊下を抜けると、やはり白を基調とした明るいお部屋が飛び込んできます。しかも角部屋!

今回、このソファーなどの家具も付いてきます。

浴室も自慢です。

窓が付いているんですね。明るいです。

キッチンはカウンタータイプで開放的

部屋からの眺望も良いですね。

こんな感じです。

この部屋気に入ったのは、間取りの良さです。

女性の方にいいんじゃないかな~って。

ペットとも暮らせるので、仕事から帰ってきて、ワンちゃんがお出迎えってシーンを勝手にイメージしてみました・・・

町田はショッピング・交通等々、すべてにおいて便利な街です。

こんな街に住んでみませんか?

(追記:旨い地中海料理の店や、焼き鳥屋知ってます・・・)

デュオ・スカーラ町田

10
comments

3月 03

サンワカンパニー

株式会社サンワカンパニーは建築資材や設備なんかを、ネットで販売している会社で、
輸入製品や独自に企画開発した製品など「日本の住宅を豊かにする」アイテムがそろっています。
DIYで家をリフォームしたりしていて、近所のホームセンターの品揃えじゃ物足りない、
もっとデザインのいいものをと思っている方にオススメです。
もちろん専門家に頼んで家の大掛かりなリフォームを計画している方にも。
カタログを取り寄せると数日で送ってくれます。
営業さんは一人もいないそうで、連絡などが来ることはないので安心(?)です。
イタリア製のタイルとか、おしゃれなキッチンや水廻りとか、
カタログをめくっているだけでも楽しいです。
インテリアの参考にもなります。
ちょっと海外のインテリア雑誌をみているみたい。
サンワカンパニーぜひチェックしてみてください。オススメ。
sanwa.jpg
こんなカタログ。洋インテリア雑誌風。

15
comments

11月 19

玄関扉のリノベーション

マンションには区分所有者(各住戸の所有者)が好きなように扱える専有部分と、
そのマンションの区分所有者全員の共有になる共用部分に分類されます。
リノベーションする場合、区分所有者が自由に工事できるのは基本的に専有部分だけになります。
その専有部分と共用部分の主な分類はどうなっているかというと、
●専有部分:住戸内の天井・床・壁で躯体を除く部分。各戸の玄関扉の鍵及び内部塗装部分。
        ガス・水道・電気などの配管・配線は、専有部分内にある枝管・枝線部分。
●共用部分:上記専有部分以外の部分。例えば躯体部分、外部廊下、エレベーター、
        各戸の玄関扉、窓枠、窓ガラス、バルコニーなど。
つまり、部屋の中から見える玄関扉が古臭くって気に入らなくても
勝手に取り替えることは出来ないのです。
でも、既存の玄関扉の内側だけなら塗装することが出来るのです!
例えばこんな赤い扉の物件がありました。
IMG_4119.jpg
部屋の中のリノベーション後のイメージと色が合わないので、白く塗装してしまいました。
よーく見ると塗装だけど、遠目には新品の白い扉のよう。
DSC08240.jpg
でも外側は塗れないので、そのままです。
全部屋おそろいの赤い扉。
DSC08288.jpg
そんな中古マンションいろいろ取り揃えております→東京ドゥウェル
どうぞ!

9
comments

11月 09

中古マンションの天井と梁

古い物件は、最近のマンションに比べて天井が低いです。
特に築30年くらい経ってるものは、明らかに天井が低いことが多いです。
部屋の真ん中に梁が通っている場合、背の高い方は要注意です。
例えばこのマンション。
玄関側から正面の黒い扉を見ると普通の高さに見えますが、
RIMG0449.jpg
扉の裏に廻ってリビング側から開いて見ると、
RIMG0441.jpg
上の部分、扉に梁がかぶっているのが分かるでしょうか。
床上から梁下まで約180cmでした。
隣の白い扉と比べてみるとこんな感じ。
RIMG0457.jpg
梁の出っ張り具合わかるでしょうか。
ギリギリぶつからない身長でもちょっとスリッパ履いたり、
髪の毛がふわっとなってたり立ててたりすると、
かがんで通らなきゃいけないかも!
これは躯体なので削るわけにもいかず、仕方の無いことなのですが
背の高い方は気をつけてくださいね。
ちなみに私は身長160cm弱ですが、
このくらいの身長なら全然問題ありません。

21
comments

11月 04

リノベーション 工事風景

で、前回の続きです。
古い間取が解体された後、どのように部屋が作られていくのか?
前回のスケルトン物件とはまた別の物件ですが、
これもほぼスケルトン状態にしてからのリノベーションです。
まずは下地造り。
2_20100107174702.jpg
壁にする部分を木材で仕切っていきます。
これは木材ではなく軽量鉄骨で作る場合もあります。
この物件は天井に変な傾斜があって照明が付けにくかったので、
天井も一度はがして下地を作り直しています。
次に石膏ボードを貼ります。
1_20100107174739.jpg
これでだいぶ部屋の形がわかりますね。
床を貼って、その後設置するいろいろな物が運ばれてきます。
4_20100107174807.jpg
キッチンが設置されました。
壁クロスをきれいに貼りなおして照明を設置して、
さて、どんな部屋になるのかな?
3_20100107174829.jpg
完成!かっこよく変身。
この物件は工事に大体5週間ほどかかりました。
このようなリノベーション物件いっぱい扱っています→株式会社東京ドゥウェル

22
comments

11月 02

スケルトンからリノベーションって?

よく中古マンションの販売広告に
「スケルトンからのリノベーション済み!」
とか書いてあることがあります。
スケルトンってどんな風に工事したの?
という疑問にお答えするのがこの写真。
IMG_4433.jpg
元あった間仕切り壁やキッチンや、床も天井も全部取り払ってしまいます。
そしてコンクリートの躯体部分だけの状態に。
これは水周りの写真↓配管むき出し。
IMG_4430.jpg
この中にトイレ・洗面所・浴室が入っていました。
中古物件をリノベーションする場合、
間取を変更をしないなら基本的に間仕切壁を残し壁クロスだけ貼り替えて、
床も天井も下地はそのままに使える部分は出来るだけ残して、
なるべく無駄の無いようにします。
しかし「スケルトンにしてから」というのは、昔のものは全部とってしまうので
部屋の中は、見える所から見えない所まで新しいということになります(主な配管以外)。
次回はこんな風にスケルトンにした物件がどのようにリノベーションされていくのか、
お見せしまーす。

コメントは受け付けていません。
comments

10月 27

パナソニック電工のユニットバス

最近リノベーション済み不動産を見ていて思うのは、
パナソニック電工のデザインかっこよくなったなー
ということ。
ここは床材でも建具でもキッチンでも、
何でもあるので、家全体のイメージを合わせやすいです。
最近パナソニック電工で特に気になるのがユニットバス。
ユニットバスのちょっと安っぽい感じがまったくありません。
1057_赤坂パインクレスト915_20080310_内後009
上の画像、壁面はグレーの細いラインが入っています。
シャワーヘッドをステンレスのものにすると、
やっぱりかっこよくなりますね。
浴槽のシャープでつるっとした感じが好き。
もう少しナチュラルな感じにすると↓のようになります。
RIMG0134.jpg
壁パネルの茶色が、暗すぎず明るすぎずちょうどいい。
なによりもかっこよく見せているのは、照明。
これはパナソニック電工に限らず、
どこのメーカーでもオプションで変えられることが多いですが
やはり出っ張った照明よりもこのように埋め込まれたダウンライトの方が
すっきり美しく収まります。
その分値段も数万円上がりますがねー・・・。
 

19
comments

10月 16

リノベーション(浴室)

昨日に引き続き、今日はお風呂のリノベーションについてお見せしたいと思います。
基本的にマンションの浴室にはユニットバスが使われています。
ユニットバスというのは、工場生産のプレハブ浴室のこと。
床・壁・天井・浴槽・水栓金具などが全てセットで商品化されているものです。
ユニットバスはパーツが決まっていますが、壁のパネルの柄や床の色は
何種類かの中から選べます(メーカーや商品によりますが)。
さらに鏡や棚などオプションで足していくことが出来ます。
なのでその物件のグレードや雰囲気に合わせてチョイスしていきいます。
どんな風に変身するのかというとー・・・
これが
浴室1
こんな風に!
浴室2
断然くつろげそう。
ちなみに上の浴室の窓枠や窓部分の壁パネルのカットもオプションです。
これはファミリー向け物件なのでやわらかく落着いた色合いにしています。
他には、↓こんな安いビジネスホテルみたいな浴室も
浴室3
こんなにシャープにかっこよく変わります。
浴室4
地デジ対応テレビに浴室乾燥機も付いています。
あまり日当りのよくない物件や昼間お仕事で忙しい方など、洗濯物を乾かすのに重宝しそう。
カビ菌も退治できそうだし。
こんな大きなテレビが付いてたら、「そろそろお風呂入らなきゃ、でもこの番組見たいな・・・」
という葛藤もなくなるんですね。うらやましい。
いくら中古物件とはいえ、やっぱり水周りは新しいものの方がいいなー、と私は思います。

24
comments

10月 15

リノベーション(キッチン)

当社では主に、中古マンションをリノベーションした物件を扱っています。
一体どんな物件が、どんな風に変わるのか、
今日はちょっとお見せしたいと思います。
1992年築のとある物件のキッチン。
heinebefore3.jpg
リノベーションすると
1065_ハイネロマニッシェス203_20080229_内後003
こんなにスタイリッシュに変身します。
これぐらいなら別にリノベーションしなくても使えるなぁ。。と言う感じだけど、
やっぱり綺麗な方が気持ちいいですよね。
築30年を超えた物件だとキッチンはこんな風になってたりします。
DSC07399.jpg
これを売りに出すのはちょっと気が引けますね。。。
ということでリノベーション。
DSC07937.jpg
使いやすそうなキッチンに変身しました。
このように古い物件をきれいに使いやすく住みやすく、
リノベーションしています。
今回はキッチン周りをお見せしましたが、
次回は別の場所をおみせしまーす。

9
comments